心と体

少しずつ癒され「何か」を取り戻していく、優しいお話~3月のライオン(コミック)

その時、私は予感がした。
生涯の中で、1、2番になるくらい「スキ」になるかも……


それが、このコミック、
羽海野チカ3月のライオン第1巻を読んでいる時
でした。
3月のライオン第2巻第3巻を読み終えた今、
その予感は、現実になりつつあります。その感想と思い入れを。


羽海野チカさんといえば「ハチミツとクローバー」で、
有名ですが、その最新作がこの「3月のライオン」。
「ハチクロ」好きだった私。今はこちらの方が、もっと好き!
なっています。第3巻でコピーも少し変り、
「羽海野チカが描く、河の流れのように進む
優しいラブストーリーです。」
(コミック帯より)となりました。
うーん、気になるところですね。さて……。


このお話は、17歳、プロの将棋棋士
桐山零(きりやま れい)
その周りの人々が、何かを取り戻していく優しい物話。

これだけだとプロ棋士が精進して、
一歩一歩上へ上がっていく……というような
どこかにありそうなお話のようですが……。

ここからが違うところ。

主人公は、東京の下町に一人暮らし
幼い頃、事故で家族を失っています
そして「史上5人目、中学生でプロ棋士になった
という才能を持ちながら、
そのスタートが、
将棋が特に好きでもなく、いわば生きるための手段
だったということ。

(この後は、ネタばれも多少含みます。
あまり知りたくない方、読まないで下さい)

続きを読む "少しずつ癒され「何か」を取り戻していく、優しいお話~3月のライオン(コミック)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|