少しずつ癒され「何か」を取り戻していく、優しいお話~3月のライオン(コミック)

その時、私は予感がした。
生涯の中で、1、2番になるくらい「スキ」になるかも……


それが、このコミック、
羽海野チカ3月のライオン第1巻を読んでいる時
でした。
3月のライオン第2巻第3巻を読み終えた今、
その予感は、現実になりつつあります。その感想と思い入れを。


羽海野チカさんといえば「ハチミツとクローバー」で、
有名ですが、その最新作がこの「3月のライオン」。
「ハチクロ」好きだった私。今はこちらの方が、もっと好き!
なっています。第3巻でコピーも少し変り、
「羽海野チカが描く、河の流れのように進む
優しいラブストーリーです。」
(コミック帯より)となりました。
うーん、気になるところですね。さて……。


このお話は、17歳、プロの将棋棋士
桐山零(きりやま れい)
その周りの人々が、何かを取り戻していく優しい物話。

これだけだとプロ棋士が精進して、
一歩一歩上へ上がっていく……というような
どこかにありそうなお話のようですが……。

ここからが違うところ。

主人公は、東京の下町に一人暮らし
幼い頃、事故で家族を失っています
そして「史上5人目、中学生でプロ棋士になった
という才能を持ちながら、
そのスタートが、
将棋が特に好きでもなく、いわば生きるための手段
だったということ。

(この後は、ネタばれも多少含みます。
あまり知りたくない方、読まないで下さい)

続きを読む "少しずつ癒され「何か」を取り戻していく、優しいお話~3月のライオン(コミック)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

ドラマ「ふたつのスピカ」、本日特番あり

追記!

本日7日(日)午後5:40~55、NHK総合/デジタル総合にて、
宇宙への夢をのせて・ドラマ「ふたつのスピカ」
番組紹介が、放送されます。

前記事で、書き落としました(^-^;

ドラマ版がどんなものか、ご興味のある方は、ご覧下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

支え合う優しさ、前に進み続ける強さ~漫画「ふたつのスピカ」

オススメのコミックを誰かに紹介するとしたら、
私は迷わず大好きな「ふたつのスピカ」を推薦したい。

どれほど泣かされたことか……
この新刊が発売される度に、何度となく読む度に。

本来漫画の好みなんてものは、人それぞれで、
かなり異なるもの。
だから、人に「読んでみて!」なんて言える類のものじゃない。

……以前は、そんな風に思っていた私だけれど、
この漫画に出会って、考えが変わってしまいました。
それほど、
年齢、性別、好みに関わらず「オススメしたい漫画」。
それがこの柳沼 行さんの「ふたつのスピカ」。


ストーリーは、近未来。
日本初の有人宇宙探査ロケット「獅子号」の墜落事故で、
母を失った少女・アスミ。

彼女が国立東京宇宙学校に入学し、友達と支え合いながら、
幼い頃からの夢、宇宙飛行士を共に目指すという
SFファンタジー


これだけ読めば、一見よくある
高校生の「友情、成長物語」に思えるかもしれません。

ところがそんな
一筋縄ではいかない非日常ストーリー
なのです。

それは、まず……

続きを読む "支え合う優しさ、前に進み続ける強さ~漫画「ふたつのスピカ」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

栗本薫さん死去

作家栗本薫さんが、
昨日、すい臓がんで亡くなられました。

*闘病インタビュー()、(
*闘病記「私の生きる道」

学生の頃からいつも気になりながらも、
読もうかどうしようか迷い続け、ずっと手付かずだった
グイン・サーガ」シリーズ。

今春、とうとう読み始めたばかりのタイミングに、
亡くなられるとは思ってもみず、
複雑な思いでいっぱいです……。

心よりご冥福をお祈りいたします。


*栗本薫さん語る「グイン・サーガ」インタビュー2005年
*NHK-BSアニメ「グイン・サーガ」試写会、栗本さん談
*「グイン・サーガ」引継ぎは未定~出版元、担当者談

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

「低体温」についての本

さて「低体温」についての本は、たくさん出ています。
なんとなく日ごろから体調が、ぱっとしない程度の方、
普通に健康な生活したいという方にも、
一冊読んでみることをオススメします。

まず有名なところでは……、

続きを読む "「低体温」についての本"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|